スポンサーリンク

【優勝はかめめ!!】ウメブラJM2019、結果と見どころ【スマブラSP】

Kameme
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウメブラJM2019

ウメブラJM2019は、2019年5月1、2日に大田区産業プラザPIO大展示ホール行われたスマブラSPの大会。シングルスの参加者は1000人を超え、日本で史上最大規模、そして日本初のStier*トーナメントとなった。スマブラSPでは「Genesis6」、「Frostbite2019」に次ぐ3回目のStierトーナメントである。日本でStierトーナメントが開かれるのは非常に歴史的な出来事で、個人的には非常に感慨深い。

*PandaGrobalによる大会のランク制度によりStierに認定された。詳細はアユハ氏のブログを参照。

参加者たち

Stierトーナメントということで、日本全国から猛者たちが集まった。PrimeSagaで優勝、準優勝したしゅーとんザクレイをはじめ、ウメブラSP3を優勝したにえとのなど、最強候補たちが集結。

さらに海外から、今一番世界最強に近い男MkLeo、そして世界最強インクリング使いであるCosmosが参戦。実はMkLeoはスマブラ4時代に行われた、ウメブラJMを優勝している。当時は日本の防衛大臣 KENを神がかったメタナイトで下している。再び優勝なるか。

【ついに日本襲来】MkLeo vs KEN 【ウメブラJM】【スマブラ4】
 Leo、日本襲来2GGT ZeRo Sagaを優勝し、己の実力を証明したLeo。ついに日本に襲来します。 www.ssbblog.com  当時の背景世界を席巻したMkLeoがついに日本に来ました。ウメブラJM直前の...

CosmosはウメブラSP3に続いての参戦。結局ウメブラSP3からずっと日本に滞在していたようだ。

結果

・トーナメント表(TOP8)

ウメブラ JapanMajor2019 / Umebura JapanMajor2019
ウメブラ JapanMajor2019 / Umebura JapanMajor2019

優勝はR2G所属、ロックマンメインのかめめ スマブラ4全盛期のかめめを思い出させるような強さを発揮し、ウメブラ25以来の久しぶりのウメブラ優勝となった。 ライト戦やプロトバナム戦で見せた対応力の高さや撃墜レースのうまさは凄まじいものがあった。ウメブラSP3では準優勝しており、最近の結果はすこぶる良い。EVO2019ではまたスマブラ4時代のような快進撃を見せてくれるかもしれない。

準優勝はルキナ、インクリング使いのプロトバナム。敗者側準決勝でCosmosを倒す大活躍を見せた。ターンの継続力には目を見張るものがあり、一気に撃墜までもっていくその猛攻はCosmosをも破壊した。スマブラSPからオフ大会に積極的に参加し始め、前回のウメブラSP3でも4位と素晴らしい結果を残している。ぜひ海外にいってもらいたいプレイヤーの一人。

3位はダックハント使いのライト。勝者側準決勝でCosmosを倒すも、最後はプロトバナムの前に力尽きた。発売直後はインクリングをメインにしており結果がいまいち振るっていなかったが、ダックハントをメインに据えてから成績が急上昇。最近の海外大会では準優勝し、かなり調子が良さそうだ。

4位は世界最強インクリング使い、PandaGrobal所属のCosmos。抜群の安定感で勝者側準決勝まで進むが、ライトとプロトバナムに敗れた。ウメブラSP3と同じ順位となってしまったが、実はこの男まだスマブラSPの大会でTOP8を逃していない。さすがの安定感である。ウメブラSP3からずっと日本に滞在していたようで、秋葉原ではフィギアなどに7万円をつかったらしい。本人は全く後悔していないとのことで、さすがのオタクである。

5位タイには世界最強パックマン使いのてぃー。勝者側ではしゅーとんを下す大活躍を見せる。敗者側でプロトバナムに敗れた。スマブラSPになってからは大規模大会で安定した成績を残しており、完全に世界最上位プレイヤーと言ってよいだろう。

もう一人の5位タイにはルカリオ、ジョーカー、剣術Miiなどを使用したTsu。敗者側ではザクレイを下している。私の記憶が正しければスマブラSPの大規模大会で初めてTOP8に入ったはず。また大会で暴れまわるTsuを見ることができそうだ。また今大会で初めてにえとのに勝利したとこのこと。

7位タイにトゥーンリンク使いのリーマが入った。最近のスマバトではあまり結果が振るわなかったはずだが、今大会ではKENザクレイを下す快進撃を見せた。今後の活躍が非常に楽しみだ。

もう一人の7位タイにはGameWith所属、ウルフメインのザクレイしゅーとんと並ぶ優勝候補筆頭だったが今大会は7位に終わった。勝者側でリーマに落とされ、敗者側ではしゅーとんとの激戦を制し何とかTOP8まで勝ち上がるも、最後はTsuの前に力尽きた。

見どころ紹介

MkLeo vs TKM

1戦目、MkLeoはジョーカーを選択。どせいさんによりシールドブレイクされる不運もあったが、TKMピーチがナチュラルに強くTKMの勝利。MkLeoはTKMをマークしていなかったのだろうか。日本の強いピーチデイジー使いはうめき、きぃだけではないのである。

2戦目、MkLeoはルキナに変更し、まじめモード?に。

しかしナチュラルに強いTKMピーチ。立ち回りで常に優勢に立ち、最後は後ろ投げで2スト残しでTKMの勝利。日本の層の厚さを見せつけた試合となった。

この後Leoは敗者側でうめきに2-0で敗れてしまい、結果を残せずに終わってしまった。

しゅーとん vs てぃー

TOP8前に早くもこの二人が激突。ウメブラJMのレベルの高さがうかがえる。

試合はてぃーパックマンが火力、撃墜ともに冴えており、しゅーとん相手に押す展開に。

最後はてぃーパックマンの空下復帰阻止が決まり、てぃーパックマンの勝利てぃーはTOP8を確定させた。にしても相変わらずの素晴らしいPopoffである。

しゅーとん vs ザクレイ

今日本で一番乗っている二人がルーザーズのTOP12で当たってしまった。このどちらか二人がここで脱落となってしまう。

しゅーとんはもちろんピクオリ、ザクレイはウルフを選択。

試合は両者とてつもない殴り合い。一歩も引かないシーソーゲームが続いた。

一戦目はしゅーとんのメテオがさく裂ししゅーとんの勝利。

2戦目はザクレイのうますぎる上スマが決まりザクレイの勝利。

3戦目、しゅーとんが1スト目を目にもとまらぬ速さで奪いしゅーとん優勢かと思われた。しかしザクレイは素晴らしいまくりを見せる。最後は1戦目のお返しのようなメテオを決め、ザクレイの勝利。

ザクレイはPrimeSagaの雪辱を晴らした形となった。

勝者側準決勝:ライト vs Cosmos

ライトはダックハント、Cosmosはインクリング。

1,2ゲームはライトが圧倒し2ゲーム連取する。

しかし3ゲーム目からCosmosが対応し始める。少しずつ飛び道具が当たらなくなり、火力は五分の展開に。

しかしライトは豊富な撃墜手段を用意していた。

最後は掴みに缶を合わせライトの勝利。Cosmosは敗者側へ。

敗者側準々決勝:リーマ vs プロトバナム

リーマはこれまでザクレイにえとのを倒す快進撃を見せてここまで登ってきたトゥーンリンク使い。あまりスマブラSPの大会では最近見ていなかったが、実力は健在のようだ。対するプロトバナムはルキナを選択。

試合は終始プロトバナム優勢の展開で、プロトバナムの勝利。飛び道具をうまくかいくぐり攻めの選択肢を巧みに通していた。そして一度ターンを握った時のターン継続力がピカイチだった。リーマはさすがに集中が切れてしまったか。

敗者側準々決勝:ザクレイ vs Tsu

ザクレイはワリオ、Tsuはジョーカーを選択。

1ゲーム目はTsuジョーカーが横スマッシュを的確に決めて勝利。

2ゲーム目、Tsuがルカリオに変更し、ザクレイはウルフに。Tsuルカリオ、またしても横スマで暴れまわりザクレイウルフの2ストックを破壊する。

しかしそこで集中が切れないのが天才ザクレイ。驚異的なまくりを見せ、天才的な空後復帰阻止を決めたと思われたが・・・。

先に撃墜されたのはザクレイだった。

3ゲーム目、Tsuは再びジョーカーを選択。Tsuジョーカーが優位に試合を進め、最後は硬派に横強で試合を決めた。

ルカリオの経験からか、一発の当て勘が素晴らしかったTsuジョーカー。ザクレイはここで敗退となってしまった。

敗者側準決勝:Cosmos vs Tsu

Tsuはルカリオを選択。

ゲーム1、またしてもTsuの横スマが炸裂。今日は非常に冴えているようだ。

ゲーム2はCosmosのペースに。立ち回りに付け入るスキがなく、Cosmosが圧倒して勝利。両者譲らない。

ゲーム3は五分の展開。最後はTsuの素晴らしい対空空上が決まり、Tsuの勝利。

ゲーム4はCosmosが圧倒しCosmosの勝利。ゲームカウントは2-2となり、ゲーム5へ。

ゲーム5もCosmosが圧倒する展開に。Cosmosが対応していたのか、終盤になるにつれTsuの択がなかなか通らなくなった。

最後はその場上がりにきっちり下スマッシュを合わせてCosmosの勝利となった

勝者側決勝:ライト vs かめめ

ライトはダックハント、かめめはロックマン。

ゲーム1、ライトがうまく火力を稼ぎ試合を優位を進める。しかしラストストック、かめめは驚異的な撃墜拒否を見せ、魂のメタブレからの上強を通した。

ゲーム2、かめめは少しづつ対応を始めたか、1ゲーム目とは逆に試合を優位に進め、かめめの勝利。

ゲーム3もかめめのペース。かめめの対応がみるみる進んでいき、うまく相手の掴みを拒否し、飛びを落としていく。

最後は素晴らしい復帰阻止を決めてかめめが勝者側を優勝した

敗者側準決勝:Cosmos vs プロトバナム

プロトバナムにとっては勝者側でのリベンジ戦。プロトバナムは勝者側とキャラを変えルキナに。

試合はお互いに攻め続ける非常に激しい展開となる。ゲーム1はCosmos、ゲーム2はプロトバナムが取る。ゲーム2はプロトバナムの高速な攻めでCosmosを圧倒した。

ゲーム3はCosmosの素晴らしい復帰阻止によりCosmosが圧倒。

Cosmosは復帰阻止がうますぎる。崖外で少しも油断できない。

ゲーム4は両者譲らない五分の展開。最後はCosmosが反撃をミスしたところに横スマをしっかりと決め、プロトバナムの勝利。

ゲーム5はプロトバナムが完全に流れを取った。

最後はローラーに反撃で上スマ決め、プロトバナムの勝利。最後のゲームはCosmosが様子見をしているところにプロトバナムの攻めが刺さりまくった。プロトバナムの流れを取った時の破壊力は凄まじく、誰にも負けないのではないかと思うほどだった。ぜひ海外遠征に行ってもらいたい。

敗者側決勝:ライト vs プロトバナム

プロトバナムはルキナを選択。

プロトバナムはライトダックハントの飛び道具の要塞を崩せず、終始苦しい展開が続く。一度ターンを取った時の維持力は素晴らしいものがあるプロトバナムだが、ライトのダックハントになかなかターンを取ることができず、ゲーム1,2はライトが取る。

ゲーム3、プロトバナムは何かをつかんだのか、低レベルな筆者にはわからないが試合は五分の展開に。

最後はガードブレイクからの横スマ最大ホールドでプロトバナムがゲーム3を取った。

ゲーム4も試合は五分の展開に。五分の展開なら撃墜レースで上回るのはプロトバナムのルキナ。復帰阻止をうまく決め、プロトバナムが取る。

ゲーム5、ライトも対応をやり返し必死に食らいつく。しかしプロトバナムの勢いを止めることができない。

またもプロトバナムが復帰阻止を決め、プロトバナムの勝利となった。見事な逆転劇だった。

最終決戦:かめめ vs プロトバナム

かめめはロックマン、プロトバナムはルキナを選択。プロトバナムは大規模大会で初めての決勝進出。

ゲーム1、プロトバナムが圧倒しゲームを先取。

ゲーム2、かめめはまたも驚異的な撃墜拒否からのメタブレ昇竜を決めかめめの勝利。

今大会はつらいところでメタブレ昇竜を決めている印象が強かった。

ゲーム3、かめめはスマブラSPで絶滅したかと思われていたシークを選択。しかし何も起きず、プロトバナムの勝利。

ゲーム4、かめめはワリオにキャラを変更。事故っぽいのが多発しよくわからない試合展開になるが、かめめが最後横強を当ててかめめの勝利。

ゲーム5、かめめはロックマンにキャラを戻す。かめめはライト戦と同様にまたも対応をし始め、かめめが徐々にリードを広げていく。最後は伝家の宝刀空後を決めてかめめの勝利となった。

優勝はかめめ。終始かめめのスマブラの上手さが印象的な大会となった。展開が辛い時の拒否、そして試合が進むにしたがって対応していく様子はさすがであった。

まとめ

優勝し嬉しそうなかめめ

日本初のStierトーナメントとなったウメブラJM2019。優勝したのはかめめだった。これはスマブラ史上初のStierトーナメントでの日本人優勝者となるのだろうか。EVO2016で準優勝したかめめはある意味一番Stierトーナメント優勝に近かったのかもしれない。

かめめはちょうど3年前の2016年5月のウメブラ23で優勝し、当時日本で敵なし状態だった。そしてその後のEVO2016でZeRoを破り準優勝する。今大会は当時のその流れを思い出させる。EVO2019で活躍するかめめがまた見れることを期待しこの記事を終える。

灯の星のカービィチャレンジばっかり見ていたので、正直優勝してびっくりしました。

コメント